月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ロンドン・リオ五輪長距離2冠のファラーが11ヵ月ぶりの復帰レースで2位 試合後は引退も示唆


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
5月2日、英国・ロンドンで開催された10kmロードレース「バイタリティ・ロンドン10,000」に男子5000m、10000mで五輪2大会2冠のM.ファラー(英国)が出場し、28分44秒で2位となった。優勝はC.エリス(英国)で記録は28分40秒だった。

ファラーは現在39歳。世界選手権でも5000m、10000mの2種目で13年モスクワ大会、15年北京大会で2冠を達成している。17年ロンドン世界選手権で10000m金メダル、5000m銀メダルを獲得した後、マラソンへ転向。昨年はトラックでの五輪出場を目指していたが、参加標準記録に届かず東京五輪には出場できなかった。その後、足の骨折のため昨年6月25日以来レースに出場しておらず、今回が11ヵ月ぶりの復帰レースだった。優勝したエリスの10000mの自己記録は28分47秒51(18年)で、今大会には参加費を支払って出場していたことが報じられている。

レース後、ファラーはインタビューで「これほど長期間レースから遠ざかったことはなかった。他の選手と勝負するには身体を準備万端にしなければならないが、私ももう若くはない」と答え、今後のレースプランについても明言を避けた。

女子はE.マッコルガン(英国)が30分23秒で制覇。2位の選手に1分05秒差をつける圧勝で、19年前にP.ラドクリフ(英国)が樹立した英国記録(30分21秒)まであと2秒に迫った。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com