月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

桐生祥秀 セイコーゴールデングランプリを欠場 東京五輪代表のウォルシュ・ジュリアン、山内大夢も棄権


日本陸連は5月4日、8日に開催されるセイコーゴールデングランプリの欠場者を発表した。

男子100mの桐生祥秀(日本生命)が右ハムストリングスの違和感のため欠場。4月24日の出雲陸上では10秒18(+1.5)で優勝したが、レース中に脚に軽いケガを負ったという。29日に開催された織田記念への出場も見送り、「次戦に向けてしっかりと体を準備していきたいと思います。織田記念を楽しみにしていただいたファンのみなさん、しっかり治してまたみんなの前で走ります」と自身のSNSでコメントしていた。

男子400mのウォルシュ・ジュリアン(富士通)、同400mハードルの山内大夢(東邦銀行)もともに右ハムストリングスの違和感、痛みのため欠場する。

5月2日には男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)、同400mハードルの安部孝駿(ヤマダホールディングス)、同走幅跳の橋岡優輝(富士通)の欠場も発表している。

5月8日に東京・国立競技場で開催されるセイコーゴールデングランプリは世界陸連コンチネンタルツアーのゴールドラベルの大会で、男子100mにはドーハ世界選手権金メダリストのクリスチャン・コールマン(米国)や、男子400mハードルで世界歴代2位の記録を持つライ・ベンジャミン(米国)など、海外から有力選手も出場する。

■5月4日発表の欠場者
男子100m 桐生祥秀(日本生命)/右ハムストリングスの違和感のため
男子400m ウォルシュ・ジュリアン(富士通)/右ハムストリングスの違和感のため
男子400mハードル 山内大夢(東邦銀行)/右ハムストリングスの痛みのため

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com