月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

吉岡3000m8分01秒29&永原3000mSC8分51秒21で佐久長聖コンビが好記録 水本9分07秒99、高1の小針11秒87、近藤6m13


大型連休前半の4月29日、30日、5月1日に各地で行われた競技会で、高校生が好記録をマークしている。インターハイ都府県大会に向けて調子を上げてきている。

4月29日の織田記念(広島)で行われた全国高校選抜男子三段跳では、昨年のインターハイ王者・宮尾真仁(洛南3京都)が15m48(+0.7)の大会新で快勝。悪コンディションで行われた全国高校選抜女子三段跳では、U18大会優勝の田中美憂(松山女3埼玉)が12m56(+5.9)で制した。

4月30日の平成国際大長距離競技会では佐久長聖(長野)の選手が好記録を連発した。3000mではエースの吉岡大翔(3年)が高校歴代3位の8分01秒29をマーク。3000m障害では、6日前に自己ベストの8分55秒49を出していた永原颯磨(2年)がさらに自己記録を短縮する高校歴代10位、高2歴代2位の8分51秒21で駆け抜けた。

4月30日、5月1日と2日にわたって行われた木南記念(大阪)では、女子3000mで水本佳菜(薫英女学院3大阪)が自己新の9分07秒99で2位。女子七種競技では、四種競技の中学記録保持者でもある林美希(中京大中京2愛知)が初の5000点突破の5005点でシニア勢に交じって6位に入った。

また、東京選手権初日(4月30日)の女子走幅跳では、昨年の全中2位・近藤いおん(城西1東京)が高1歴代7位の6m13(-0.5)で制した。

静岡ではインターハイ支部予選が4月29日~5月1日の3日間にわたって各地で開催され、東部大会女子100mでは昨年の全中2位・小針陽葉(富士市立1)が自己ベストを0.02秒更新する11秒87(+1.2)で大会新V。西部大会の女子では澤田結弥(浜松市立2)が1500mを4分19秒39、3000mを9分12秒37でいずれも制して2冠を達成した。中部大会の男子走幅跳では、昨年のU20日本選手権、U18大会を制した深沢瑞樹(東海大翔洋3)が7m35(+2.1)で勝った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com