HOME ニュース、国内

2022.04.29

山縣亮太、福島千里さんが小学生対象の陸上教室「広島に帰って来られて良かった」
山縣亮太、福島千里さんが小学生対象の陸上教室「広島に帰って来られて良かった」


日本グランプリシリーズ広島大会・第56回織田記念の会場で、男子100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)と、女子100m・200m日本記録保持者で今年現役を引退した福島千里さんが小学生を対象とした陸上教室を開いた。

今大会の協賛をしているセイコーホールディングスによる「セイコーわくわく教室」で、社員アスリートである山縣、現役時代に所属し現在はセイコースマイルアンバサダーを務める福島さんが講師に。午後に行われる県内小学生リレー出場者が参加し、あいにくの雨天となったため正面スタンド下の表彰スペースを活用して行われた。

教室では山縣や福島さんらが見本を見せながら2人1組や4人1組でやるウォーミングアップなどを紹介。小学生たちと一緒に汗を流した。

山縣は昨年、膝の手術に踏み切った影響で織田記念出場を見送り。教室後は「選手として出場したかったですが、こういう形で広島に帰って来られて楽しい時間を過ごせてよかった」と地元の小学生との交流を楽しんだ様子。現在は「膝の回復は順調」としつつ、「試合から逆算するよりは、機能改善も含めて時間を割いていきたい」と復帰戦については未定とした。

引退後は順大の短距離アシスタントコーチを務め、陸上教室にも積極的に参加している福島さんは「広島は日本記録も自己ベストも出したことのある思い出の地。こういう形で織田記念に戻って来られてうれしいです」と話し、「今日はいい記録が出ることを楽しみに見たいです」と笑顔を見せた。

一緒に講師を務めた市川華菜さん(中京大コーチ)は「レジェンドの方々と一緒に陸上教室ができた」と充実の時間を振り返り、金丸祐三(大阪成蹊大監督)は“金丸ダンス”を披露するなどした。また、地元のパラソフトボール東京パラリンピック代表の江南聖選手は「広島にパラアスリートがいることをみんなに知ってもらえるように頑張りたい」と話した。

日本グランプリシリーズ広島大会・第56回織田記念の会場で、男子100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)と、女子100m・200m日本記録保持者で今年現役を引退した福島千里さんが小学生を対象とした陸上教室を開いた。 今大会の協賛をしているセイコーホールディングスによる「セイコーわくわく教室」で、社員アスリートである山縣、現役時代に所属し現在はセイコースマイルアンバサダーを務める福島さんが講師に。午後に行われる県内小学生リレー出場者が参加し、あいにくの雨天となったため正面スタンド下の表彰スペースを活用して行われた。 教室では山縣や福島さんらが見本を見せながら2人1組や4人1組でやるウォーミングアップなどを紹介。小学生たちと一緒に汗を流した。 山縣は昨年、膝の手術に踏み切った影響で織田記念出場を見送り。教室後は「選手として出場したかったですが、こういう形で広島に帰って来られて楽しい時間を過ごせてよかった」と地元の小学生との交流を楽しんだ様子。現在は「膝の回復は順調」としつつ、「試合から逆算するよりは、機能改善も含めて時間を割いていきたい」と復帰戦については未定とした。 引退後は順大の短距離アシスタントコーチを務め、陸上教室にも積極的に参加している福島さんは「広島は日本記録も自己ベストも出したことのある思い出の地。こういう形で織田記念に戻って来られてうれしいです」と話し、「今日はいい記録が出ることを楽しみに見たいです」と笑顔を見せた。 一緒に講師を務めた市川華菜さん(中京大コーチ)は「レジェンドの方々と一緒に陸上教室ができた」と充実の時間を振り返り、金丸祐三(大阪成蹊大監督)は“金丸ダンス”を披露するなどした。また、地元のパラソフトボール東京パラリンピック代表の江南聖選手は「広島にパラアスリートがいることをみんなに知ってもらえるように頑張りたい」と話した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top