月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

山縣亮太、福島千里さんが小学生対象の陸上教室「広島に帰って来られて良かった」


日本グランプリシリーズ広島大会・第56回織田記念の会場で、男子100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)と、女子100m・200m日本記録保持者で今年現役を引退した福島千里さんが小学生を対象とした陸上教室を開いた。

今大会の協賛をしているセイコーホールディングスによる「セイコーわくわく教室」で、社員アスリートである山縣、現役時代に所属し現在はセイコースマイルアンバサダーを務める福島さんが講師に。午後に行われる県内小学生リレー出場者が参加し、あいにくの雨天となったため正面スタンド下の表彰スペースを活用して行われた。

教室では山縣や福島さんらが見本を見せながら2人1組や4人1組でやるウォーミングアップなどを紹介。小学生たちと一緒に汗を流した。

山縣は昨年、膝の手術に踏み切った影響で織田記念出場を見送り。教室後は「選手として出場したかったですが、こういう形で広島に帰って来られて楽しい時間を過ごせてよかった」と地元の小学生との交流を楽しんだ様子。現在は「膝の回復は順調」としつつ、「試合から逆算するよりは、機能改善も含めて時間を割いていきたい」と復帰戦については未定とした。

引退後は順大の短距離アシスタントコーチを務め、陸上教室にも積極的に参加している福島さんは「広島は日本記録も自己ベストも出したことのある思い出の地。こういう形で織田記念に戻って来られてうれしいです」と話し、「今日はいい記録が出ることを楽しみに見たいです」と笑顔を見せた。

一緒に講師を務めた市川華菜さん(中京大コーチ)は「レジェンドの方々と一緒に陸上教室ができた」と充実の時間を振り返り、金丸祐三(大阪成蹊大監督)は“金丸ダンス”を披露するなどした。また、地元のパラソフトボール東京パラリンピック代表の江南聖選手は「広島にパラアスリートがいることをみんなに知ってもらえるように頑張りたい」と話した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com