月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

100m多田修平は予選10秒57で組5着「反省して次に生かしたい」/織田記念


◇織田記念(4月29日/広島・エディオンスタジアム)

アジア大会選考会を兼ねた日本グランプリシリーズ広島大会の「第56回織田記念」が行われ、男子100mに多田修平(住友電工)が出場した。

大雨と低気温という厳しい条件のなか、予選2組に入った多田はスタートから加速する姿も見られず。10秒57(-0.7)で組5着に終わりA決勝に進むことができなかった。多田は「少し緩めてしまった部分があります。反省して次に生かしたいです」と語っている。

14時50分からのB決勝には進んだが、出走するかは未定。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com