HOME ニュース、海外

2022.04.25

男子は東京五輪20km競歩金のスタノが2時間29分09秒で制す 女子も実力者の切陽什姐が快勝/WA競歩ツアー・ゴールド
男子は東京五輪20km競歩金のスタノが2時間29分09秒で制す 女子も実力者の切陽什姐が快勝/WA競歩ツアー・ゴールド


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
4月23日、ドゥディンツェ(スロバキア)で世界陸連競歩ツアー・ゴールドの競技会が開催され、男子35kmは東京五輪20km競歩金メダルのM.スタノ(イタリア)が2時間29分09秒で、女子35kmでは切陽什姐(中国)がアジア最高記録の2時間43分06秒で、それぞれ優勝した。

男子は2位のJ.L.ドクター(メキシコ)も2時間29分24秒で南米最高を打ち立て、15位までが2時間33分00秒の世界選手権参加標準記録を上回るタイムをマークした。

女子優勝の切陽什姐は世界選手権の20km競歩で11年テグ銅、19年ドーハ銀と2度メダルを獲得している。12年ロンドン五輪では20km競歩銀メダルだったが、優勝したY.ラシュマノワ(ロシア)のドーピングによる処分に伴い順位が繰り上がって金メダリストとなる見込みである。今回女子2位のK.ガルシア・レオン(ペルー)は2時間43分19秒、5位のR.スティーブンス(米国)もエリア最高記録をマークしている。

35km競歩は今年から世界選手権から採用される新種目で、世界記録、ナショナルレコードなどは2023年1月1日以降に認定される予定となっている。

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT) 4月23日、ドゥディンツェ(スロバキア)で世界陸連競歩ツアー・ゴールドの競技会が開催され、男子35kmは東京五輪20km競歩金メダルのM.スタノ(イタリア)が2時間29分09秒で、女子35kmでは切陽什姐(中国)がアジア最高記録の2時間43分06秒で、それぞれ優勝した。 男子は2位のJ.L.ドクター(メキシコ)も2時間29分24秒で南米最高を打ち立て、15位までが2時間33分00秒の世界選手権参加標準記録を上回るタイムをマークした。 女子優勝の切陽什姐は世界選手権の20km競歩で11年テグ銅、19年ドーハ銀と2度メダルを獲得している。12年ロンドン五輪では20km競歩銀メダルだったが、優勝したY.ラシュマノワ(ロシア)のドーピングによる処分に伴い順位が繰り上がって金メダリストとなる見込みである。今回女子2位のK.ガルシア・レオン(ペルー)は2時間43分19秒、5位のR.スティーブンス(米国)もエリア最高記録をマークしている。 35km競歩は今年から世界選手権から採用される新種目で、世界記録、ナショナルレコードなどは2023年1月1日以降に認定される予定となっている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top