月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子は東京五輪20km競歩金のスタノが2時間29分09秒で制す 女子も実力者の切陽什姐が快勝/WA競歩ツアー・ゴールド


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
4月23日、ドゥディンツェ(スロバキア)で世界陸連競歩ツアー・ゴールドの競技会が開催され、男子35kmは東京五輪20km競歩金メダルのM.スタノ(イタリア)が2時間29分09秒で、女子35kmでは切陽什姐(中国)がアジア最高記録の2時間43分06秒で、それぞれ優勝した。

男子は2位のJ.L.ドクター(メキシコ)も2時間29分24秒で南米最高を打ち立て、15位までが2時間33分00秒の世界選手権参加標準記録を上回るタイムをマークした。

女子優勝の切陽什姐は世界選手権の20km競歩で11年テグ銅、19年ドーハ銀と2度メダルを獲得している。12年ロンドン五輪では20km競歩銀メダルだったが、優勝したY.ラシュマノワ(ロシア)のドーピングによる処分に伴い順位が繰り上がって金メダリストとなる見込みである。今回女子2位のK.ガルシア・レオン(ペルー)は2時間43分19秒、5位のR.スティーブンス(米国)もエリア最高記録をマークしている。

35km競歩は今年から世界選手権から採用される新種目で、世界記録、ナショナルレコードなどは2023年1月1日以降に認定される予定となっている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com