HOME ニュース、海外

2022.04.25

女子200mドーハ銀のブラウンが100mで10秒66w 男子400m五輪金のガーディナーは今季世界最高の44秒22 米国で好記録相次ぐ
女子200mドーハ銀のブラウンが100mで10秒66w 男子400m五輪金のガーディナーは今季世界最高の44秒22 米国で好記録相次ぐ


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
今週末は米国の各地で競技会が実施され、好記録が生まれた。

4月23日にテキサス州で開催された競技会の女子100mでは、19年ドーハ世界選手権200m銀メダルのB.ブラウン(米国)が100mで追い風参考ながら10秒66(+3.2)をマークした。ブラウンは今月初旬に10秒99と自己新を更新していた。女子100mハードルでも追い風参考記録となったもののT.マーシャルが12秒36(+2.1)と公認の自己記録を上回るタイムをマーク。女子800mでは五輪金メダリストのA.ムー(米国)が2分02秒07と好走した。同じ競技会の22日の男子400mハードルではK.ロッサー(米国)が今季世界最高の48秒26で快勝。23日にノースカロライナ州で行われた競技会の女子100mではC.スタージス(米国)が10秒87(+1.8)の今季世界最高。同日にアトランタで競技会の男子200mではM.ボリング(米国)が自身初めて20秒を切り、19秒92(+0.9)の自己新をマークした。

広告の下にコンテンツが続きます

23日にロサンゼルスで行われた競技会の男子400mでは東京五輪金メダルのS.ガーディナー(バハマ)が今季世界最高の44秒22で今季初のこの種目を走った。同大会の女子走幅跳では東京五輪銅メダルのE.ブルーメ(ナイジェリア)が7m08(+2.5)をマーク。公認では6m75(+1.8)の記録を残した。今季での引退が発表されているA.フェリックスは23日のUSC屋外オープン200mに出場し22秒40(+1.8)をマークした。

22日のケンタッキー招待女子200mではA.シュタイナー(米国)が22秒05(+0.5)の自己新で優勝。同大会の男子200mではC.コールマン(米国)が19秒92(+0.5)で勝利した。23日にボルチモアで開催された競技会ではガーナのJ.P.アモアが9秒94(+0.8)の自己新をマーク。ガーナの男子100mでは今年3月に9秒90で走ったB.アザマティーワク(ガーナ)に続いて10秒の壁を破った。           

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT) 今週末は米国の各地で競技会が実施され、好記録が生まれた。 4月23日にテキサス州で開催された競技会の女子100mでは、19年ドーハ世界選手権200m銀メダルのB.ブラウン(米国)が100mで追い風参考ながら10秒66(+3.2)をマークした。ブラウンは今月初旬に10秒99と自己新を更新していた。女子100mハードルでも追い風参考記録となったもののT.マーシャルが12秒36(+2.1)と公認の自己記録を上回るタイムをマーク。女子800mでは五輪金メダリストのA.ムー(米国)が2分02秒07と好走した。同じ競技会の22日の男子400mハードルではK.ロッサー(米国)が今季世界最高の48秒26で快勝。23日にノースカロライナ州で行われた競技会の女子100mではC.スタージス(米国)が10秒87(+1.8)の今季世界最高。同日にアトランタで競技会の男子200mではM.ボリング(米国)が自身初めて20秒を切り、19秒92(+0.9)の自己新をマークした。 23日にロサンゼルスで行われた競技会の男子400mでは東京五輪金メダルのS.ガーディナー(バハマ)が今季世界最高の44秒22で今季初のこの種目を走った。同大会の女子走幅跳では東京五輪銅メダルのE.ブルーメ(ナイジェリア)が7m08(+2.5)をマーク。公認では6m75(+1.8)の記録を残した。今季での引退が発表されているA.フェリックスは23日のUSC屋外オープン200mに出場し22秒40(+1.8)をマークした。 22日のケンタッキー招待女子200mではA.シュタイナー(米国)が22秒05(+0.5)の自己新で優勝。同大会の男子200mではC.コールマン(米国)が19秒92(+0.5)で勝利した。23日にボルチモアで開催された競技会ではガーナのJ.P.アモアが9秒94(+0.8)の自己新をマーク。ガーナの男子100mでは今年3月に9秒90で走ったB.アザマティーワク(ガーナ)に続いて10秒の壁を破った。           

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top