月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子200mドーハ銀のブラウンが100mで10秒66w 男子400m五輪金のガーディナーは今季世界最高の44秒22 米国で好記録相次ぐ


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
今週末は米国の各地で競技会が実施され、好記録が生まれた。

4月23日にテキサス州で開催された競技会の女子100mでは、19年ドーハ世界選手権200m銀メダルのB.ブラウン(米国)が100mで追い風参考ながら10秒66(+3.2)をマークした。ブラウンは今月初旬に10秒99と自己新を更新していた。女子100mハードルでも追い風参考記録となったもののT.マーシャルが12秒36(+2.1)と公認の自己記録を上回るタイムをマーク。女子800mでは五輪金メダリストのA.ムー(米国)が2分02秒07と好走した。同じ競技会の22日の男子400mハードルではK.ロッサー(米国)が今季世界最高の48秒26で快勝。23日にノースカロライナ州で行われた競技会の女子100mではC.スタージス(米国)が10秒87(+1.8)の今季世界最高。同日にアトランタで競技会の男子200mではM.ボリング(米国)が自身初めて20秒を切り、19秒92(+0.9)の自己新をマークした。

23日にロサンゼルスで行われた競技会の男子400mでは東京五輪金メダルのS.ガーディナー(バハマ)が今季世界最高の44秒22で今季初のこの種目を走った。同大会の女子走幅跳では東京五輪銅メダルのE.ブルーメ(ナイジェリア)が7m08(+2.5)をマーク。公認では6m75(+1.8)の記録を残した。今季での引退が発表されているA.フェリックスは23日のUSC屋外オープン200mに出場し22秒40(+1.8)をマークした。

22日のケンタッキー招待女子200mではA.シュタイナー(米国)が22秒05(+0.5)の自己新で優勝。同大会の男子200mではC.コールマン(米国)が19秒92(+0.5)で勝利した。23日にボルチモアで開催された競技会ではガーナのJ.P.アモアが9秒94(+0.8)の自己新をマーク。ガーナの男子100mでは今年3月に9秒90で走ったB.アザマティーワク(ガーナ)に続いて10秒の壁を破った。           

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com