月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

桐生祥秀10秒18で国内初戦を快勝!予選で追い風参考10秒12/出雲陸上


◇出雲陸上(4月24日/島根県出雲市・浜山公園競技場)

日本グランプシリーズ・出雲陸上の男子100mは、東京五輪代表の桐生祥秀(日本生命)が10秒18(+1.5)で優勝。昨年の日本選手権王者・多田修平(日本生命)が10秒27で2位、本郷汰樹(名大)が10秒30で3位に続いた。東京五輪4×100mリレー代表のデーデー・ブルーノ(セイコー)は10秒50で8位だった。

4月9日の豪州・ブリスベンで今季初戦を終えていた桐生だが、100mを2本走って10秒55(-1.4)、10秒41(-1.5)。「初戦が思ったような走りができなかったので、今回は自分の走りをしようと思って来た」。

予選はわずかに追い風参考ながらも10秒12(+2.1)をマーク。有観客の盛り上がりを受け、気持ちを上げて臨んだ決勝は自身の持つ大会記録(10秒08)と、オレゴン世界選手権参加標準記録の10秒05をターゲットに臨んだ。そこにはどちらも届かなかったが、多田に0.09秒差をつけて快勝。中盤で抜け出す力強いレースを見せた。

昨年は右膝裏、右アキレス腱とケガが相次ぎ、「どこも痛くなく走れたレースはなかった」1年だった。日本選手権でも5位に敗れ、個人種目で念願だった東京五輪出場は果たせず。その雪辱を期す今季に向けては、じっくりとパワーアップを図ってきた。今は、それをスプリントに結びつける段階だ。

「オレゴンの標準を切って、日本選手権に勝ちたい」。出場予定の織田記念、セイコーゴールデングランプリで、さらにエンジンを上げていく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com