月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

村竹ラシッドら3名がユニバ辞退 800m金子魅玖人、20km競歩・萬壽、円盤投・幸長が新たに代表入り!


日本学連は4月21日、ワールドユニバーシティゲームズ(ユニバ/6月30日~7月5日、中国・成都)代表選手の一部変更を発表した。

日本学生個人選手権で優勝した男子110mハードルの村竹ラシッド(順大)、男子400mハードルの黒川和樹(法大)、全日本競歩能美大会で2位に入った男子20km競歩の住所大翔(順大)がユニバ代表を辞退。コロナ禍の影響で中国・成都への渡航日程が定まらないなか、同時期に開催されるオレゴン世界選手権の調整が困難になるためだという。

また、辞退者が出たため追加選考を実施。新たに日本学生個人選手権で男子800m2位の金子魅玖人(中大)、全日本競歩能美大会5位の男子20km競歩・萬壽春輝(順大)、男子円盤投で日本歴代3位(60m69)の記録を持つ幸長慎一(四国大アスリートクラブ)が代表に内定した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com