月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

1500mで早大・菖蒲敦司が「徳本超え」の大会新! 総合優勝は法大、慶大は初の女子総合V/東京六大学対校

第55回東京六大学対校陸上競技大会が4月9日、神奈川県横浜市の慶大日吉競技場で開催され、男子1500mは関東インカレ2位の実績を持つ菖蒲敦司(早大)が3分46秒91で優勝。3分47秒45で2位だった近藤亨(明大)までが、2000年に徳本一善(法大/現・駿河台大駅伝監督)が打ち立てた大会記録(3分47秒54)を22年ぶりに塗り替えた。

この春で3年生となる菖蒲は、高校2年生の全国都道府県対抗駅伝1区で区間賞を獲得して一躍注目を集める選手に。3年時にはインターハイで1500m7位、3000m障害4位とトラックでも好成績を収めた。早大進学後もトラックと駅伝の両方で活躍し、昨年度は出雲駅伝1区区間2位、全日本大学駅伝4区区間5位と好走したものの、大腿骨を疲労骨折した影響で箱根駅伝には出走できなかった。

男子ハードル種目は法大勢が今年も席巻。110mHは横地大雅が13秒90(-1.9)、400mHは東京五輪代表の黒川和樹が50秒32で、それぞれ昨年に続く連覇を達成した。法大はこの他にも400mや三段跳などで優勝を重ね、9大会連続27回目の総合Vを飾った。

女子4×100mリレーは山本涼乃、岩屋佑末奈、工藤音花、鈴木わかばとつないだ慶大が大会新の47秒23で勝利を収め、初の女子総合優勝に華を添えた。

大会MVPには菖蒲が選出された。

<総合成績>
1位 法大
2位 早大
3位 慶大
4位 立大
5位 東大
6位 明大

<女子総合>
1位 慶大
2位 早大
3位 立大
4位 法大
5位 明大
6位 東大

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com