HOME ニュース、国内

2022.04.09

1500mで早大・菖蒲敦司が「徳本超え」の大会新! 総合優勝は法大、慶大は初の女子総合V/東京六大学対校
1500mで早大・菖蒲敦司が「徳本超え」の大会新! 総合優勝は法大、慶大は初の女子総合V/東京六大学対校

第55回東京六大学対校陸上競技大会が4月9日、神奈川県横浜市の慶大日吉競技場で開催され、男子1500mは関東インカレ2位の実績を持つ菖蒲敦司(早大)が3分46秒91で優勝。3分47秒45で2位だった近藤亨(明大)までが、2000年に徳本一善(法大/現・駿河台大駅伝監督)が打ち立てた大会記録(3分47秒54)を22年ぶりに塗り替えた。

広告の下にコンテンツが続きます

この春で3年生となる菖蒲は、高校2年生の全国都道府県対抗駅伝1区で区間賞を獲得して一躍注目を集める選手に。3年時にはインターハイで1500m7位、3000m障害4位とトラックでも好成績を収めた。早大進学後もトラックと駅伝の両方で活躍し、昨年度は出雲駅伝1区区間2位、全日本大学駅伝4区区間5位と好走したものの、大腿骨を疲労骨折した影響で箱根駅伝には出走できなかった。

男子ハードル種目は法大勢が今年も席巻。110mHは横地大雅が13秒90(-1.9)、400mHは東京五輪代表の黒川和樹が50秒32で、それぞれ昨年に続く連覇を達成した。法大はこの他にも400mや三段跳などで優勝を重ね、9大会連続27回目の総合Vを飾った。

女子4×100mリレーは山本涼乃、岩屋佑末奈、工藤音花、鈴木わかばとつないだ慶大が大会新の47秒23で勝利を収め、初の女子総合優勝に華を添えた。

広告の下にコンテンツが続きます

大会MVPには菖蒲が選出された。

<総合成績>
1位 法大
2位 早大
3位 慶大
4位 立大
5位 東大
6位 明大

<女子総合>
1位 慶大
2位 早大
3位 立大
4位 法大
5位 明大
6位 東大

第55回東京六大学対校陸上競技大会が4月9日、神奈川県横浜市の慶大日吉競技場で開催され、男子1500mは関東インカレ2位の実績を持つ菖蒲敦司(早大)が3分46秒91で優勝。3分47秒45で2位だった近藤亨(明大)までが、2000年に徳本一善(法大/現・駿河台大駅伝監督)が打ち立てた大会記録(3分47秒54)を22年ぶりに塗り替えた。 この春で3年生となる菖蒲は、高校2年生の全国都道府県対抗駅伝1区で区間賞を獲得して一躍注目を集める選手に。3年時にはインターハイで1500m7位、3000m障害4位とトラックでも好成績を収めた。早大進学後もトラックと駅伝の両方で活躍し、昨年度は出雲駅伝1区区間2位、全日本大学駅伝4区区間5位と好走したものの、大腿骨を疲労骨折した影響で箱根駅伝には出走できなかった。 男子ハードル種目は法大勢が今年も席巻。110mHは横地大雅が13秒90(-1.9)、400mHは東京五輪代表の黒川和樹が50秒32で、それぞれ昨年に続く連覇を達成した。法大はこの他にも400mや三段跳などで優勝を重ね、9大会連続27回目の総合Vを飾った。 女子4×100mリレーは山本涼乃、岩屋佑末奈、工藤音花、鈴木わかばとつないだ慶大が大会新の47秒23で勝利を収め、初の女子総合優勝に華を添えた。 大会MVPには菖蒲が選出された。 <総合成績> 1位 法大 2位 早大 3位 慶大 4位 立大 5位 東大 6位 明大 <女子総合> 1位 慶大 2位 早大 3位 立大 4位 法大 5位 明大 6位 東大

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top