月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

駒大エースの田澤廉 5000mで13分22秒63 学生歴代8位で日本人トップの5位/金栗記念選抜


◇金栗記念選抜中長距離(4月9日・熊本)

男子5000mには男子10000mで昨年12月に日本歴代2位の27分23秒44をマークした田澤廉(駒大)が参戦。学生歴代8位、日本人学生歴代6位の13分22秒63をマークして日本人トップの5位に入った。

暑さが残る中で行われたレースは、13分10秒台が狙えるペースで序盤から展開。日本の実業団に在籍する外国人選手の中で、田澤はただ1人勝負を挑んだ。終盤で後退したものの、昨年マークした自己ベスト13分29秒91を7秒以上更新した。

「最後は引き離されたが全体的に見て良かったです」と田澤。今後は参加標準記録を突破している10000mで7月のオレゴン世界選手権出場を目指す。「5月の日本選手権10000mで3位に入りたい。世界へ向かって全力でがんばりたい」と話していた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com