月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪代表の山口浩勢が5000m13分40秒86、京都IC壹岐が200mV、関東私学六大学は城西大が制す


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

先週末の4月2、3日にかけて各地で競技会、記録会が開催された。

2日に行われた第34回梅村学園競技会の男子5000mで、山藤篤司(トヨタ自動車)が13分38秒65の自己新をマーク。東京五輪3000m障害代表の山口浩勢(愛三工業)は13分40秒86、大池達也(トヨタ紡織)が13分42秒03といずれも大会新記録だった。男子ハンマー投げでは植松直紀(スズキ)が69m36で優勝し,古旗崇裕(BUAC)が67m94とともに大会新記録をマークした。男子100mでは矢橋寛明(ヴィアティン三重)が10.57(+0.8)と大会新記録だった。

同日には京都インカレが開催され、男子100mでは遠藤耕介(立命大)、梶川颯太(立命大)がともに10秒38(+1.2)の好記録。同タイムながら1、2位の着差ありだった。女子200mには東京五輪4×100mリレー補欠の壹岐あいこ(立命大)が出場し、24秒42(-1.5)で優勝。400mハードルでは57秒04のベストを持つ山本亜美(立命大)が58秒92の大会新記録でケガからの復調を見せた。立命大の女子は出場したトラック種目全てで優勝。男女4×100mリレー、女子4×400mリレーは大会新、男子4×400mリレーも制している。

2日行われた関東私学六大学対校で行われた男子3000mでカマウ・パトリック(上武大)が7分56秒76で制し、山谷昌也(東京国際大)は7分57秒29で続いた。5000mは山本唯翔(城西大)が14分04秒34をマークしてトップ。以下、松山和希(東洋大/14分06秒90)、生田琉海(東京国際大/14分06秒96)、前田義弘(東洋大/14分07秒33)と続いている。学校対校は城西大が55点で優勝し、東洋大が2位だった。

2、3日に行われた西部月例競技会(静岡)では、昨年の日本インカレ100mを制した城西大卒の鈴木涼太(スズキ)が社会人デビュー戦は10秒42(-0.6)だった。同レースには110mハードルが専門で法大から同じくスズキに入った樋口陸人が10秒45をマークしている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com