月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

SGホールディングスに中谷雄飛、橋本大輝が新加入 塩見雄介監督の就任も発表

SGホールディングスは1日、新加入選手と新監督、新ヘッドコーチ就任を発表した。

新たに加入となったのは中谷雄飛(早大卒)と橋本大輝(明大卒)の2名。中谷は早大のエースとして活躍し、10000mのベストは27分54秒06。全日本大学駅伝でも3区区間賞の実績がある。橋本は高校時代の5000mベストが15分台ながら、地道な努力で4年時には全日本大学駅伝7区と箱根駅伝10区でそれぞれ区間4位と好走した。

スタッフの新体制も発表され、4月1日付でこれまで監督代行だった塩見雄介氏が監督、コーチだった仲野明氏がヘッドコーチとなった。

また、同所属選手だった男子3000m障害の阪口竜平は自身のSNSで3月31日付での退部と退社を発表している。

チームは元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で22年ぶりの入賞となる7位に入っている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com