月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

12年、14年日本選手権1500m優勝の田中佳祐が引退 「心から感謝」


富士通は3月31日、2012年と2014年の日本選手権1500mで優勝した田中佳祐の引退を発表した。

田中は熊本県出身の33歳。福岡・大牟田高校から城西大に進み、トラックでは1500mでインターハイ4位、日本インカレで優勝するなど中距離をメインに活躍した。一方、高校時代から駅伝にも出場し、高校3年では全国高校駅伝で1区11位と好走。箱根駅伝でも1年生から4年連続で走り、3年次の86回大会(2010年)では、9区区間2位で大学初のシード権獲得に貢献した。

田中はチームのホームページで「これまでお世話になった皆様、応援し支えてくださった皆様に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました」とコメント。「これまでの生活とは一変しますが、陸上競技を通して学んだ経験と感謝を忘れずに、新しい目標やスキルアップを目指しながら精進していきたいと思います」と新たな人生のスタートの思いを語った。

また、富士通は大森澪の引退と下史典、チャールズ・ロキアの退部も発表した。中央学大から入社した大森は実業団駅伝などでチームに貢献。駒大卒の下はトヨタ紡織に移籍し、競技を続ける。

■田中佳祐コメント全文
「この度、11年間在籍した陸上競技部を退部し、陸上競技から引退することとなりました。これまでお世話になった皆様、応援し支えてくださった皆様に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
小さい頃から大好きだった陸上競技に真剣に打ち込み、自分の目標にチャレンジできる富士通陸上競技部で競技生活を送ることができて本当に幸せでした。
これで競技中心の生活は終わります。これまでの生活とは一変しますが、陸上競技を通して学んだ経験と感謝を忘れずに、新しい目標やスキルアップを目指しながら精進していきたいと思います。
これからも富士通陸上競技部への温かいご支援ご声援をよろしくお願いいたします」

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com