月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界陸連が2022年コンチネンタルツアー・ゴールドラベルの日程を発表 5月8日には国立競技場でセイコーGGP開催

WA(世界陸連)は2022年のコンチネンタルツアー・ゴールドラベルの確定版の日程を発表した。すでに日程が発表されていた9大会のほか、4月9日の開幕戦バミューダ・ゲームス(デボンシャー・英国)ほか2大会が加わり全12大会が実施される。

6月12日に行われるニューヨークグランプリは15年までダイヤモンドリーグとして開催されていたが、コンチネンタルツアーのゴールドラベルとして復活する。21年にはボストン(米国)とユージン(米国)でもゴールドラベルの大会が行われたが、今年は開催されない。

WAコンチネンタルツアーは2020年から行われており、今年はゴールド、シルバー、ブロンズ、チャレンジャーの4つのカテゴリーで、140以上の大会が予定されている。

男子棒高跳の世界記録保持者・A.デュプランティス(スウェーデン)はヘンゲロ(オランダ)大会への出場が決定しており、ほかにも各大会で有力選手の出場が見込まれる。

コンチネンタル・ゴールド大会の主催者は、WAとダイヤモンドリーグの決定同様、ロシアとベラルーシの全選手を除外することに合意しており、WAはすべてのレベルの大会で同じ制裁措置を採用するよう要請している。

■2022 WAコンチネンタル・ツアー・ゴールドラベル競技会
4月9日 デボンシャー(英国)
4月16日 マウントサック(米国)
5月7日 ナイロビ(ケニア)
5月8日 東京・セイコーゴールデンGP(日本)
5月31日 オストラヴァ(チェコ)
6月3日 ビドゴシュツ(ポーランド)
6月6日 ヘンゲロ(オランダ)
6月12日 ニューヨーク(米国)
6月14日 トゥルク(フィンランド)
8月8日 セーケシュ・フェヘールヴァール(ハンガリー)
9月4日 チョルゾフ(ポーランド)
9月11日 ザグレブ(クロアチア)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com