月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪王者デュプランティスが6m20!!男子棒高跳新時代の世界記録誕生/世界室内


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

◇世界室内選手権(3月18日~20日/セルビア・ベオグラード)

世界室内選手権のフィナーレに、歴史的瞬間が訪れた。成し遂げたのは男子棒高跳のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)。昨年の東京五輪王者が、自身が約2週間前に同じ場所で作ったばかりの6m19の世界記録を1cm上回る6m20をクリア。人類がついに6m20の空を征服した。

5m60から試技をスタートしたデュプランティスは、5m85、5m95を軽々と1回でクリア。16年リオ五輪金メダルのチアゴ・ブラズ(ブラジル)との一騎打ちとなった6m05(大会新)も一発で越えて優勝を決めると、バーを世界記録へと設定した。

途中、男女の4×400mリレーが入ったこともあってリズムに乗れなかったのか、1、2回目は身体をバーまで引き上げることができなかった。しかし、トラック最終種目の女子4×400mリレーが終わり、今大会の「最終試技者」となったデュプランティスは、会場中の視線を一身に浴びて助走をスタート。力強くポールを突っ込んで踏み切ると、バーを揺らしながらも見事にクリア。人類で初めて6m10の壁を越えた。

10代の頃から年代別の世界記録を次々と塗り替え、2018年にはU20選手で初めての6m超え(6m05)を達成。20年に6m17、6m18と世界新を連発すると、昨年の東京五輪で名実ともに世界の頂点に立った。

今季も全試合で6mオーバーの安定感を誇り、3月7日には今大会と同じ会場で行われた競技会で6m19の世界新記録を樹立。その勢いを今大会につなげた。

 

■デュプランティスの2022年全成績
1月28日 ドイツ・カールスルーエ 6m02
2月4日 ドイツ・ベルリン 6m03
2月9日 スウェーデン・ウプサラ 6m04
2月19日 英国・バーミンガム 6m05
3月7日 セルビア・ベオグラード 6m19=世界新
3月20日 世界室内選手権 6m20=世界新

■男子棒高跳 世界歴代パフォーマンス10(屋外・室内含む) i=室内
6m20i A.デュプランティス(スウェーデン) 22年3月20日
6m19i  デュプランティス 2 22年3月7日
6m18i  デュプランティス 3 20年2月15日
6m17i  デュプランティス 4 20年2月8日
6m16i R.ラヴィレニ(フランス) 14年2月15日
6m15i S.ブブカ(ウクライナ) 93年2月21日
6m15  デュプランティス 5 20年9月17日
6m14  ブブカ 2 94年7月31日
6m13  ブブカ 3 92年2月21日
6m13  ブブカ 4 92年9月19日

 

 

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com