月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

スイスのカンブンジが女子60mを制覇!男子走幅跳は東京五輪金のテントグルーがV/世界室内

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

◇世界室内選手権(3月18日~20日/セルビア・ベオグラード)

2年に1度行われる世界室内選手権の初日が行われ、女子60m決勝ではM.カンブンジ(スイス)が今季世界最高、世界歴代4位タイの6秒96で優勝した。カンブンジは現在29歳で、東京五輪では100m6位、200m7位、4×100mリレーで4位と3種目で入賞。19年のドーハ世界選手権では200mで銅メダルも獲得している。これまでの自己ベストはスイス室内記録でもある7秒03(18年)で、今回0.07秒更新した。

2位にはM.ブリスコ(米国)が6秒99で続き、3位から6位までは7秒04と同タイムで4人が並んだが、それぞれ着差ありでM.サンプライス(米国)が銅メダルをつかんだ。同一レース内で2人以上が6秒台を出したのは史上4度目だった。

男子走幅跳は東京五輪金メダルのM.テントグルー(ギリシャ)が8m55の今季世界最高でV。2位は東京五輪7位のT.モントレー(スウェーデン)が8m38の自己新で、自身の持っていたスウェーデン室内記録を更新した。

男子三段跳は、U20世界選手権で2連覇(14年、16年)している24歳のL.マルティネス(キューバ)が17m64の自己新、今季世界最高で制覇。東京五輪金メダリストのP.P.ピチャルド(ポルトガル)は17m46で2位に敗れたが、記録は自己新で、ポルトガル室内記録を更新した。

女子砲丸投は東京五輪4位のA.ドンモ(ポルトガル)が20m43の自己新、今季世界最高で勝利し、ナショナルレコードも更新した。2位のC.エアリー(米国)は20m21で、この記録は北米室内記録タイだった。

女子3000mは2017年のU18世界選手権1500mを制した実績を持つ20歳・L.ハイル(エチオピア)が8分41秒82のシーズンベストで優勝。男子七種競技は1日目を終え、東京五輪十種競技優勝のD.ワーナー(カナダ)が3649点でトップに立っているが、2番手のS.エハマー(スイス)が3647点と僅差で続いている。

大会は20日まで行われ、WAのYouTubeでライブストリーミングが視聴可能。WAのホームページでもライブリザルトを掲載している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com