月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

五輪代表・青山華依が60mV!予選で日本歴代2位の7秒36「世界選手権のリレーメンバーに」


◇日本選手権・室内競技(3月12、13日/大阪城ホール)

女子60mは、東京五輪女子4×100mリレー代表の青山華依(甲南大)が優勝した。予選は日本歴代2位の7秒36をマーク。決勝では7秒41とタイムを落として「悔しい」と話すが、日本代表として「負けられない」というプレッシャーのなかでしっかり勝ちきった。

この冬は「ひたすらウエイトトレーニングで弱かった上半身を強化してきた」と言うように、肩周りは一回り大きくなった。自身では「まだ走りがどうなったかはわからない」とはにかむが、課題だった腕振りも力強くなった印象だ。

昨年は大学1年目でリレー代表として東京五輪に出場。「先頭で走らないといけない、と自分にプレッシャーをかけてしまうところもある」と言う。それでも、「思い切って走るしかない」と持ち前の明るさで重圧を跳ね飛ばし、地元・大阪で快走を見せ、大きな拍手が送られた。

今年の目標は出場権を持つ世界選手権4×100mリレーの「メンバーにしっかり入ること」。そのためには日本選手権でしっかりメダルを狙う。「11秒5台、4台にしっかり乗せて、その先は0.01秒ずつ縮めていきたい」。大舞台を経験して精神的にも成長を見せた大器が、さらに女子スプリントを盛り上げる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com