月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

国内最高賞金の中距離特化サーキット「TWOLAPS MIDDLE DISTANCE CIRCUIT」が今年も開催!


男子800m元日本記録保持者で合同会社TWOLAPSの代表を務める横田真人氏が、中距離種目に特化したサーキット型の競技会「TWOLAPS MIDDLE DISTANCE CIRCUIT」を昨年に続き、2022年も開催することを明らかにした。

「TWOLAPS MIDDLE DISTANCE CIRCUIT」は800mや1500mの中距離種目、そして日本の陸上界を盛り上げようと、横田氏が企画。「みんなで参加して大会を創り上げる」などをテーマに、これまで国内にはなかったかたちの競技会を模索し、昨年の8月から10月にかけて、初めて開催された。音楽や花火などの演出などでレースを盛り上げたほか、トップ選手とファンが気軽に交流できる機会も設けて注目を集めた。また、シリーズの優勝者の飯澤千翔(東海大)と田中希実(豊田自動織機TC)に賞金100万円が贈られたことも話題となった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com