月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪代表・齋藤愛美が大阪成蹊ACに加入!「世界の舞台で活躍したい」

大阪成蹊学園は3月11日、東京五輪女子4×100mリレー出場の齋藤愛美(大阪成蹊大)が、4月1日から大阪成蹊学園職員となり、大阪成蹊AC所属で競技を続けることを発表した。

この春に大学を卒業、引き続き母校を練習拠点とすることになった齋藤は、「大学で学んだ経験を生かし、青山先輩と共に世界の舞台で活躍できるようがんばりたい。社会人として競技を続けられることに感謝し、支えてくださる皆さんの期待に応えられるよう、さらに成長し結果を残していきたい」と力強く話す。

岡山・倉敷中央高2年でインターハイ100m、200m、4×100mリレーの3冠、200mで今も残るU20日本記録・高校記録(23秒45)樹立など輝かしいキャリアを引っ提げて2018年に大阪成蹊大に入学した。ケガなど苦しい時期も過ごしたが、大学ラストイヤーとなった昨年は5月に出場した世界リレーで3走を務め、4位で五輪出場権獲得に貢献。本番でも同じ3走として国立競技場を駆け抜け、日本歴代2位の43秒44をマークした。

この冬季も順調にトレーニングを消化。「接地の改善などこの冬は新しいことにチャレンジしてきた。結果がどう出るかわかりませんが、走りが大きくなるなど手応えはある。今シーズンは日本選手権200m優勝を最大の目標に、世界選手権、アジア大会の代表に選ばれるようがんばりたい」と目を輝かせた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com