月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

13年ぶりマラソン挑戦終えた新谷仁美が「夏のトラックに向けて合わせていきたい」/東京マラソン


◇東京マラソン(3月6日/都庁前スタート、東京駅前・行幸通りフィニッシュ)

1週間前に34歳の誕生日を迎えた新谷仁美(積水化学)が13年ぶりにマラソンへ挑戦。日本歴代6位の2時間21分17秒で日本人2番手の7位に入った。

序盤から、東京五輪8位入賞の一山麻緒(ワコール)と一緒に、2005年に野口みずき(グローバリー)が作った日本記録(2時間19分12秒)を上回るハイペースを刻んだ。徐々にスピードが鈍り、40km過ぎには一山に振り切られたが、それでもオレゴン世界選手権の派遣設定記録(2時間23分18秒)を突破、歴代10傑入りの好タイムでまとめたのはさすがと言えるだろう。

だが、新谷自身は「ハーフ(1時間6分38秒)、10000m(30分20秒44)でも日本記録を持っているので、歴代6位というのは……。40kmから明らかに失速してしまった。勝負の面でも残念だった」と振り返る。

それでも、「自己記録を10分更新できた。一山さんのお陰で最後まで行けた」と話し、終盤まで互いに力を引き出し合った一山に感謝する。

2013年のモスクワ世界選手権10000mで5位入賞を果たした後、いったんは現役を引退。18年に復帰した後は、男子800m元日本記録保持者・横田真人コーチの指導を受けながら、トラックで国内トップの位置へと返り咲いた。

しかし、1年延期を経た東京五輪イヤーの2021年は思うように走れない日々を過ごし、東京五輪は10000mで21位。折れそうになる心を、横田コーチや周囲の支えでなんとか保ち、プロとして、結果を求めて自身4度目のマラソンへの出場を決意した。

その挑戦を終え、「これまでのようにレース後すぐに心が乱れることはなかったが、やっぱりマラソンは2度とやりたくないな、と」と苦笑いを浮かべた。

今後は、「次のことはまったく考えていないけど、パリ五輪までは契約があるので責任を果たしたい。夏のトラックに向けて、5000m、10000mで参加標準記録を突破していないので合わせていきたい」と、マラソンで世界選手権は目指さない意向を示した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com