月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界最強キプチョゲが貫禄のV、国内最高の2時間2分40秒/東京マラソン

◇東京マラソン(3月6日/都庁前スタート、東京駅前・行幸通りフィニッシュ)

東京マラソン2021は3月6日に行われ、男子は初参戦した世界記録保持者エリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間2分40秒の国内最高記録で圧勝した。

序盤から自身の世界記録(2時間1分39秒)を上回るペースで通過。最後まで食い下がったアモス・キプルト(ケニア)を36kmで突き放すと、終盤は1kmごとに2分50秒前後という猛スパートで独走した。

東京五輪で史上3人目の連覇するなど公認のマラソン16戦14勝。非公認レースでは人類で初めて2時間を切る1時間59分40秒2をマークした「史上最速・最強ランナー」としての実力を、またも日本で示した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com