月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

箱根出場校の新主将が決定!青学大は宮坂大器、順大・西澤、駒大は山野 新シーズンへ向けて新たなスタート


箱根駅伝が終わってから1月が過ぎた。各校は新たな目標を定め、続々と新シーズンの主将が発表されている。今年の箱根に出場した20チームの主将を紹介する。

大会新を叩き出して優勝を飾った青学大は宮坂大器が主将に。学生三大駅伝未経験も2月6日の別府大分毎日マラソンでは青学大勢で最高順位となる14位で完走している。今大会のVメンバーが8人残る青学大。3冠に向けて宮坂を中心に新たなスタートを切る。

総合優勝を目指す順大は、3年連続で箱根出場の西澤侑真が新主将となった。長門駿介監督のもと、年々選手の強化が進んでおり、さらなる飛躍に期待が懸かる。昨年度は田澤廉が3年生主将を務めた駒大は、次期キャプテンを9区区間4位の山野力が務める。悲願の「駅伝3冠」へ進化を遂げる1年となる。

出身高校別では静岡・浜松日体から2人(順大・西澤、早大・鈴木創士)が名門校のキャプテンを任されている。

■箱根駅伝出場校の新主将一覧(カッコは出身高校)
青学大/宮坂大器(埼玉・埼玉栄高)
順 大/西澤侑真(静岡・浜松日体高)
駒 大/山野 力(山口・宇部鴻城高)
東洋大/前田義弘(茨城・東洋大牛久高)
東京国際大/宗像 聖(福島・学法石川高)
中 大/若林陽大(岡山・倉敷高)
創価大/緒方貴典(熊本・熊本工高)
國學院大/中西大翔(石川・金沢龍谷高)
帝京大/北野開平(兵庫・須磨学園高)
法 大/内田隼太(神奈川・法政二高)
東海大/宇留田竜希(三重・伊賀白鳳高)
神奈川大/鈴木玲央(秋田・秋田工高)
早 大/鈴木創士(静岡・浜松日体高)
明 大/小澤大輝(静岡・韮山高)
国士大/木村聖哉(千葉・流経大柏高)
中央学大/小島慎也(大阪・大阪高)
日体大/盛本聖也(京都・洛南高)
山梨学大/伊東大暉(鹿児島・鹿児島実高)
駿河台大/町田康誠(栃木・白鴎大足利高)
専 大/高瀬 桂(佐賀・鳥栖工高)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com