月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

強い鎧坂哲哉が帰ってきた!2時間7分55秒の大会新で2位「少しずつ積み重ねて」/別府大分毎日マラソン


◇第70回別府大分毎日マラソン(2月6日/大分県・大分市高崎山うみたまご前→大分市営陸上競技場)

高校時代から何度も栄光を勝ち取ってきた、“強い”鎧坂哲哉(旭化成)が帰ってきた。別府大分毎日マラソンで、終盤まで優勝した西山雄介(トヨタ自動車)に食らいついたのが鎧坂。最後は苦しい表情となったが、2時間7分55秒で2位に入った。

「ちゃんとマラソン練習をしてから初のマラソン」という鎧坂。18年にメルボルンマラソンに出場(2時間24分39秒)が唯一のフルマラソン完走だった。序盤からしっかり先頭集団にいながら、強い風も考慮してか息を潜めてレースを展開。「2時間8分台で優勝」を目標に、淡々とペースを刻んでいく。

大会に向けての練習でも「40km走でも設定以上のタイムが出ていた」というように自信を得ていた。35km以降の激しい争いにもしっかり前を追いかけ、西山には敗れたものの、最後まで食らいついた。「悔しいが一番」と語るも、「後半落ちてしまったので、そこがキープできる力がつけばタイムも伸びる。土台をしっかり作っていきたい」と課題と収穫を得たレースとなったようだ。

広島・世羅高時代に全国高校駅伝の優勝を経験。明大時代は故障もありながらエースとして、そして主将として活躍した。旭化成ではトラック・駅伝ともに強さを発揮。2015年の日本選手権10000mで優勝して北京世界選手権にも出場している。

一方で、悔しさも味わっている。15年には7月にベルギーで5000mに出場して13分12秒63、11月に八王子ロングディスタンス10000mで27分29秒69と、いずれも日本新記録をマーク。だが、5000mは大迫傑さん、10000mは当時チームメイトの村山紘太(現・GMOインターネットグループ)に敗れて、「日本記録保持者」にはなれなかった。

その後はなかなか本来の力を発揮できないことも増えたが、今回のマラソン本格参戦でさすがの強さを発揮。18年頃には大迫さんと合同練習する機会もあり、「大迫の練習を間近で見て、自分に置き換えて考えられる指標になった」と語る。これで名門・旭化成からは初のMGCチケット獲得者に。「日々の練習で少しずつ積み重ねて、最終的にマラソンの結果に結びつけられれば」。マラソンランナー・鎧坂哲哉のキャリアがいよいよ始まった。

【関連記事】別府大分毎日マラソン上位成績

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com