月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

青学大4人が完走!次期主将の宮坂大器と横田俊吾が2時間12分台/別府大分毎日マラソン


◇第70回別府大分毎日マラソン(2月6日/大分県・大分市高崎山うみたまご前→大分市営陸上競技場)

正月の箱根駅伝を大会新で制した青学大から出場した4人は全員が完走。30km付近までは上位でレースを進めるなど見せ場を作った。

最上位は次期主将の宮坂大器(3年)で、2時間12分09秒の14位。35km手前までトップ集団にいて「自分でもこんなに付けるんだと高揚した」と振り返るが、その後は優勝争いに絡めず「実業団選手とは差があると感じました。マラソンはごまかしがきかない」と経験となった様子。「目標だった2時間12分切りは届かなかったですが、力を順当に出せたので良かった。目標と力のギャップがなくていいレースができた」と充実感を漂わせた。

次にフィニッシュしたのは横田俊吾(3年)で2時 2時間12分41秒の16位。10kmで右股関節に違和感が出て、16km付近で転倒。レース後は医務室に運ばれるほど、というアクシデント続きの中で力走だった。横田は「あまり覚えてない。やっぱりマラソンは厳しい世界」と話し、「ハーフの2倍ということで、次の日本学生ハーフで余裕を持てるんじゃないかなと思います」と見据えていた。

西久保遼(3年)が2時間15分46秒で22位、飯田貴之(4年)は2時間20分13秒で33位。西久保は「きつい中で動かすことができたのはハーフを走る時にプラスになる」と話し、飯田は「箱根からの流れで出ましたが甘くなかった。練習が足りない」と振り返った。

学生のうちにマラソンを経験した選手たち。これを糧にさらなる強さを身につけていきそうだ。

【関連記事】別府大分毎日マラソン上位成績

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com