月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子走高跳五輪代表・衛藤昂さんが中野瞳と入籍!同い年のジャンパー・カップルが新たな門出


男子走高跳で2大会連続五輪出場の衛藤昂さんと、女子走幅跳で高校記録を持つ中野瞳(つくば分析センター)が2月5日、入籍したことをSNSで発表した。同日は衛藤の31歳の誕生日だった。

同じ学年で、筑波大大学院では同期だった2人。ヨーロッパ遠征などでは代理人が同じという縁もあったという。また、昨年8月にはジャンパー仲間とともに、一般社団法人「Jump Festival」を立ち上げ、跳躍種目を盛り上げるべく活動中だ。

鈴鹿高専から筑波大院、味の素AGFへと進んだ衛藤さん。2016年リオ、東京の両五輪出場をはじめ、国際大会に日本代表として何度も出場してきたが、昨シーズン限りで現役を引退した。自己ベストは日本歴代6位タイの2m30。

中野は兵庫・長田高2年時に現在もU20日本記録・高校記録として残る6m44をマーク。三段跳でも2018年に13mオーバーを果たした。今後も競技を継続し、2種目でさらなる飛躍を目指していく。

新たな門出を迎えた2人は、以下のようにコメントを寄せてくれた。

「私自身一線を退きましたが、今後も陸上競技の現場にて普及や発展に尽力していきたいと思います。今後とも、夫婦共々ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします」(衛藤昂)

「いつも応援ありがとうございます。競技者としても、ひとりの人間としても、日々成長できるよう、より一層精進いたします」(中野瞳)

 

※誤りがありましたので本文を修正しました

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com