月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪100m金のジェイコブスが五輪後初レース60mでV!棒高跳デュプランティスは6m03/WA室内ツアー


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

2月4日にドイツ・ベルリンで行われた世界陸連室内ツアー・シルバーの競技会に、東京五輪金メダリストが出場した。

東京五輪の男子100mと4×100mリレーの2冠を達成したL.M.ジェイコブス(イタリア)が、五輪後初レースとなる60mに出場。予選で6秒57をマークすると、決勝は6秒51で復帰戦を勝利で飾った。昨年もこの大会に出場しているジェイコブスは「去年もここでシーズンをスタートして忘れられない1年になった。再びここでスタートできてよかった」と語り、「五輪の後は長期間レースから離れたが、心身ともに回復させる必要があった。室内シーズンは世界室内選手権でピークが来るようにしていきたい」と話した。

男子棒高跳には五輪金メダリストで世界記録保持者のA.デュプランティス(スウェーデン)が出場。先週マークした6m02を1cm上回る今季室内世界リストトップとなる6m03をクリアし、同大会の大会記録も更新した。

女子走幅跳は東京五輪金メダルのM.ミハンボ(ドイツ)を抑え、スウェーデンのK.ザグニアが6m68を跳んで優勝した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com