月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

走幅跳モントレーが東京五輪金メダリスト抑え8m21でV 女子400mでポーランド室内新/WA室内ツアー


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

2月3日、オストラヴァ(チェコ)でWA(世界陸連)室内ツアー・シルバーラベルの競技会が開催され、男子走幅跳は東京五輪7位のT.モントレー(スウェーデン)が東京五輪金のM.テントグルー(ギリシャ)を抑えて8m21の大会新V。テントグルーは8m15で2位だった。

女子400mでA.キエルバシンスカ(ポーランド)が今季世界最高、室内ポーランド記録の51秒10で優勝した。キエルバシンスカは昨年の東京五輪女子4×400mリレー銀メダル獲得メンバーの31歳。屋外での自己ベストは50秒38(21年)。

男子1500mはE.ジャイルズ(英国)が大会新の3分35秒93で制し、3分37秒39で3位F.K.エドマン(ノルウェー)、4位(3分38秒32)のS.ベルタシウス(リトアニア)、5位(3分38秒47)のI.カルナブカウ(ベラルーシ)はいずれも室内のナショナルレコードを更新した。

女子棒高跳はI.ズーク(ベラルーシ)が4m71の大会新で。男子砲丸投はM.ハラティク(ポーランド)が20m79で勝利した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com