月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

9月の杭州アジア大会日本代表は5月までの大会で選考「五輪、世界選手権」の水準を優先


日本陸連は2月3日に理事会を行い、その後会見を開いた。今回の理事会では今年の9月に中国・杭州で開催されるアジア大会の日本代表選手選考要項について承認を得たことにより、正式に発表された。

アジア大会における編成方針については、1)本大会で金メダルを獲得することで五輪、世界選手権のメダル・入賞につなげる、2)23年世界選手権により多く出場するために記録と成績を最大限高める、3)本大会でメダル獲得が期待できる種目は積極的に派遣する、と明記された。

従来であれば該当大会におけるメダル獲得が優先事項になるが、今回は五輪、世界選手権で一定の成績が見込める選手を優先して選考するかたちとなる。これについて、会見に登壇した山崎一彦強化委員長は、ポイントによるワールドランキング制でオリンピック、世界選手権の代表権が決まる状況であることから「五輪、世界選手権に出場、入賞できる選手を戦略的に派遣する」と、その意図を説明する。

アジア大会の代表選考競技会については、管轄する日本オリンピック委員会(JOC)の意向でコロナ禍の影響により5月中旬のエントリーが求められている。そのため、選考は4月から5月8日まで。その期間に行われる日本グランプリシリーズ(10000mを除く)と、5月7日の日本選手権10000m、同8日のセイコーゴールデングランプリが対象となる。なお、同一種目が複数大会で開催される場合は優先順位を後日、発表される。

エントリー枠は各種目最大2名だが、派遣人数枠はJOCが定める。個人種目については、世界選手権の参加標準記録突破者、そして世界選手権出場水準(5月17日時点でのワールドランキングによる出場枠内)に該当する選手が優先され、選考競技会で3位以内が最優先で選考される。世界大会の水準に満ちていない「本大会でメダルが期待される選手」について、選考の優先順位としては最後になる。

これは「アジア大会、アジア選手権というのは、種目によって世界水準が高い種目もあれば、日本人にとってメダルは取れるが世界選手権には遠い種目というのもある。そのため、五輪、世界選手権に近い選手が選考の優先順位上位になる要項とした」(山崎強化委員長)と説明した。

選考競技会となる日本グランプリシリーズの実施種目などについては、後日詳細が発表される。
また、同理事会では未定となっていた2022年度の競技会日程の一部も決定。日本選手権リレーは10月1日、2日(場所未定)、U18・16陸上大会は10月21~23日(愛媛)、23年の日本選手権室内は2月4日、5日(大阪城ホール)などが発表されている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com