月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

プロランナー神野大地を今治タオルがサポート「使えば使うほどファンになる」


今治タオルの製造会社、IKEUCHI ORGANIC株式会社(愛媛県今治市)は、日本国内や世界で活躍するスポーツ選手にタオルを提供することで競技生活に貢献するタオルサポートプログラムをタオルメーカーとして初めて開始することを発表。同社がサポートする選手の一人にマラソンの神野大地(セルソース)が名を連ねた。

青学大時代に箱根駅伝の5区を走って総合優勝に貢献するなど活躍した神野。2018年からプロランナーとなり、昨年12月の防府読売マラソンでは2時間9分34秒と自己ベストを更新してパリ五輪選考会となるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を獲得している。神野は自身のSNSで「1年くらい使っていますが、使えば使うほどファンになっています」と使い心地を語る。

日本が誇る「今治タオル」を扱う同社は、さまざまな競技の選手にヒアリングして、タオルサポートプログラムを開始。スポーツ専用のタオルを製造・販売することを予定している。サポート内容には「200種類以上あるタオルから最適な商品を選手に10~20枚分提供」などが挙げられる。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com