月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

実業団ハーフにマラソン再挑戦表明の新谷仁美、市田孝ら招待選手としてエントリー


日本実業団連合は2月13日に行われる第50回全日本実業団ハーフマラソン(山口・維新みらいふスタジアム)のエントリーリストを発表した。

男子の招待選手には前回大会で日本歴代4位の1時間0分19秒で2位に入った市田孝(旭化成)や、牟田祐樹(日立物流)、栃木航(日立物流)がエントリー。女子の招待選手は、新谷仁美(積水化学)、筒井咲帆(ヤマダホールディングス)、福良郁美(大塚製薬)の3選手が登録されている。

新谷はハーフマラソン日本記録(1時間6分38秒)を持つ。10000mの日本記録保持者で、東京五輪にも出場した。3月の東京マラソンで再びフルマラソンに挑戦することを表明している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com