月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

福士加代子が笑顔のタスキリレー「走らせてくれてありがとう」/都道府県対抗女子駅伝

◇全国都道府県対抗女子駅伝(京都/たけびしスタジアム京都発着:9区間42.195km)

五輪に4大会連続で出場し、今月30日のハーフマラソンで引退する福士加代子が青森の9区で駅伝ラストラン。区間34位、順位を3つ落としたが、最後は関係者に手を振りながら、笑顔で都大路を駆け抜けた。

25位でタスキを受け、28位でフィニッシュ。「思ったより前の順位で来て、この駅伝で初めて抜かれる経験をしました。青森には順位を落として申し訳ないのと、走らせてくれてありがとうという気持ちです」とレースを振り返った福士。「久しぶりすぎてどうやってタスキをもらおうか、と緊張しました」と笑いを交えながら話し、「応援自粛だけど、西大路ではみなさんが拍手を送ってくれてとても温かかったです。ものすごく温かいありがとうで、『本当に終わるんだな』という感じがしました」と長く応援してくれた京都のファンに感謝を述べた。

福士は30日に行われる大阪ハーマラソンが引退レース。「やっぱり練習不足。さっそうと速く走るのがかっこいい。ラストレースが近づくどうこうより、次はこの倍走るので仕上げたい」と福士節でラストランへの意気込みを語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com