月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

京都が逆転で18回目の優勝 7区細谷愛子が区間賞 8区で逆転/都道府県対抗女子駅伝

◇全国都道府県対抗女子駅伝(京都/たけびしスタジアム京都発着:9区間42.195km)
皇后盃第40回全国都道府県対抗女子駅伝が行われ、京都が2時間15分05秒(速報値)で優勝した。

京都は1区でトップと38秒差の区間9位とやや出遅れたスタートとなったが、2区の井手彩乃が区間9位ながら先頭との差を20秒以上縮めて6位に浮上。3区で順位を1つ落としたものの、4区から6区までの3区間を区間4位でまとめると、4位でタスキを受けた7区の細谷愛子が区間賞の走りで、前を走る福岡と兵庫をかわしてトップから8秒差の2位に上がった。

8区を務めた中学生の山田祐実は徐々に先頭との差を詰め、2km付近で宮城を逆転。トップでスタートしたアンカーで東京五輪代表の安藤友香は、追いかける福岡や宮城の追い上げを許さず、笑顔でフィニッシュテープを切った。

京都は中止となった前回大会を挟んで2連覇。大会の最多優勝数を18回に伸ばした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com