月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

箱根Vの青学大・関口雄大がハーフマラソンで今季学生トップの1時間2分26秒


ハイテクハーフマラソンが1月9日に東京・北区で行われ、箱根駅伝で優勝した青学大のメンバーが出場。関口雄大(3年)が、今季日本人学生リストトップの1時間2分26秒をマークして優勝した。

関口は箱根駅伝の区間エントリーで4区に入っていたが、当日変更で出走せず。関口のほかにも、宮坂大器(3年)、横田俊吾(同)、西久保遼(同)、田中悠登(1年)という箱根未出走のエントリー選手がそろって出場した。関口が優勝し、田中が1時間2分33秒で2位。ダニエル・ムイバ・キトニー(TRACK TOKYO)が3位、横田が1時間2分36秒で4位だった。5位には青学大ルーキーで初ハーフながら1時間2分44秒をマークした鶴川正也が入っている。

なお、このレースには箱根駅伝に初出場した駿河台大の徳本一善監督も出場し、1時間9分10秒をマークしている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com