HOME ニュース、国内

2022.01.09

桐生祥秀&小池祐貴がプロ野球選手との50m“ガチ”勝負!9秒台スプリンターの貫禄示す!
桐生祥秀&小池祐貴がプロ野球選手との50m“ガチ”勝負!9秒台スプリンターの貫禄示す!


1月9日に放送された「リポビタンスペシャル 超プロ野球ULTRA」(読売テレビ)に、男子短距離の桐生祥秀(日本生命)と小池祐貴(住友電工)が出演し、プロ野球選手との50m勝負に登場した。

100m9秒台を持つ2人は真剣モード。一方、プロ野球からは塩見泰隆(ヤクルトスワローズ)、小深田大翔(東北楽天ゴールデンイーグルス)、松原聖弥(巨人)、そして盗塁王で陸上経験のある和田康士朗(千葉ロッテマリーンズ)といった快足自慢がスタートラインに立った。

陸上大会さながら、「オンユアマーク、セット」でスタート。桐生と小池は片手を着く「3点スタート」で加速する。最初の数歩は桐生と小池の間に入った和田も並びかけるが、姿勢を起こしてからは一気に小池と桐生が差をつけ、並ぶようにフィニッシュした。

結果は、小池が6秒065、桐生が6秒069で小池の勝利。その差は0.004秒。塩見が6秒31で続き、和田が6秒43、小深田が6秒49、松原が6秒98だった。小池は「めちゃくちゃ緊張した」と笑みを浮かべると、桐生は「笑ってゴールしようと思ったら小池がフィニッシュ(姿勢)を決めていた」と笑った。プロ野球選手たちは一同に「速い」「全然違う」と、そのスピードに感嘆の声を上げ、「後半勝負と思ったけど、無理ッスね」とお手上げだった。

これまでなかなか実現しなかった、陸上選手と他競技の50m対決。桐生は昨年から自身が企画した50m対決イベント「Sprint 50 Challenge」を開催し、各地で子供たちなどと50m競走を通して走ることの楽しさを伝えているが、そのイベントでも「他競技との対決もしてみたい」と話していた。

「スポーツ選手の50mタイムと陸上選手はどっちが速いか論争」は一応の決着を見たが、それよりも、競技間を超えて盛り上がりを見せ、スポーツファンが楽しめるイベントとなったことに価値があるだろう。

1月9日に放送された「リポビタンスペシャル 超プロ野球ULTRA」(読売テレビ)に、男子短距離の桐生祥秀(日本生命)と小池祐貴(住友電工)が出演し、プロ野球選手との50m勝負に登場した。 100m9秒台を持つ2人は真剣モード。一方、プロ野球からは塩見泰隆(ヤクルトスワローズ)、小深田大翔(東北楽天ゴールデンイーグルス)、松原聖弥(巨人)、そして盗塁王で陸上経験のある和田康士朗(千葉ロッテマリーンズ)といった快足自慢がスタートラインに立った。 陸上大会さながら、「オンユアマーク、セット」でスタート。桐生と小池は片手を着く「3点スタート」で加速する。最初の数歩は桐生と小池の間に入った和田も並びかけるが、姿勢を起こしてからは一気に小池と桐生が差をつけ、並ぶようにフィニッシュした。 結果は、小池が6秒065、桐生が6秒069で小池の勝利。その差は0.004秒。塩見が6秒31で続き、和田が6秒43、小深田が6秒49、松原が6秒98だった。小池は「めちゃくちゃ緊張した」と笑みを浮かべると、桐生は「笑ってゴールしようと思ったら小池がフィニッシュ(姿勢)を決めていた」と笑った。プロ野球選手たちは一同に「速い」「全然違う」と、そのスピードに感嘆の声を上げ、「後半勝負と思ったけど、無理ッスね」とお手上げだった。 これまでなかなか実現しなかった、陸上選手と他競技の50m対決。桐生は昨年から自身が企画した50m対決イベント「Sprint 50 Challenge」を開催し、各地で子供たちなどと50m競走を通して走ることの楽しさを伝えているが、そのイベントでも「他競技との対決もしてみたい」と話していた。 「スポーツ選手の50mタイムと陸上選手はどっちが速いか論争」は一応の決着を見たが、それよりも、競技間を超えて盛り上がりを見せ、スポーツファンが楽しめるイベントとなったことに価値があるだろう。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top