HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.01.03

箱根駅伝 沿道に約60万人大会本部発表「呼びかけにご理解いただけた結果」
箱根駅伝 沿道に約60万人大会本部発表「呼びかけにご理解いただけた結果」


箱根駅伝を主催する関東学生連合は、1月2日、3日に行われた第98回箱根駅伝のコース沿道の観戦者数を発表。大会本部調べで約60万人だった。

今回もコロナ禍のなかにあって沿道での観戦・応援を控えてもらえるようにお願いを呼びかけており、大会当日は大手町、芦ノ湖のスタート・フィニッシュエリアや各中継所は立ち入りを規制。関係者やスタッフを増強して沿道対策を講じてきたという。

前回大会は18万人。そこからは増加しているものの、2020年までは120万人前後で推移しており、関東学生連合の有吉正博会長は「大会からの呼びかけにご理解をいただけた結果だと考えております。あらためて皆様のご協力に対して、主催者から深く感謝の意を申し上げます」とコメントしている。

■過去10年の沿道観戦者数(大会本部調べ)
12年 118万人
13年 119万人
14年 126万人
15年 121万人
16年 120万人
17年 118万人
18年 120万人
19年 124万人
20年 121万人
21年 18万人
22年 60万人

箱根駅伝を主催する関東学生連合は、1月2日、3日に行われた第98回箱根駅伝のコース沿道の観戦者数を発表。大会本部調べで約60万人だった。 今回もコロナ禍のなかにあって沿道での観戦・応援を控えてもらえるようにお願いを呼びかけており、大会当日は大手町、芦ノ湖のスタート・フィニッシュエリアや各中継所は立ち入りを規制。関係者やスタッフを増強して沿道対策を講じてきたという。 前回大会は18万人。そこからは増加しているものの、2020年までは120万人前後で推移しており、関東学生連合の有吉正博会長は「大会からの呼びかけにご理解をいただけた結果だと考えております。あらためて皆様のご協力に対して、主催者から深く感謝の意を申し上げます」とコメントしている。 ■過去10年の沿道観戦者数(大会本部調べ) 12年 118万人 13年 119万人 14年 126万人 15年 121万人 16年 120万人 17年 118万人 18年 120万人 19年 124万人 20年 121万人 21年 18万人 22年 60万人

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top