月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

4区で三菱重工・井上大仁が独走態勢築く!黒崎播磨・細谷が区間新!!/ニューイヤー駅伝


◇第66回全日本実業団対抗駅伝/ニューイヤー駅伝in群馬

ニューイヤー駅伝は4区のエース対決へ。

創部40年で初めて同区のトップ中継をした三菱重工・井上大仁が、そのまま独走態勢を築く。

16秒だった貯金を、39秒に拡大。「最後は向かい風がきつかったけど、駅伝だからがんばれた」。マラソンで目指した東京五輪は代表入りを逃したが、パリ五輪への第一歩を力強く踏み出した。

優勝候補と目された富士通、トヨタ自動車、旭化成、Hondaだが、富士通は中村匠吾が精彩を欠き、11位から19位に後退。旭化成も市田孝が2位から8位へ順位を下げた。トヨタ自動車は西山雄介が3人抜きで4位と奮起し、Hondaは東京五輪10000m代表の伊藤達彦が14位から5位まで押し上げた。

区間賞を獲得したのが黒崎播磨の細谷恭平。12月5日の福岡国際マラソンで、2時間8分16秒の2位(日本人トップ)で走ったばかりだったが、1時間3分43秒の区間新記録をマーク。井上が2年前に作った区間記録(1時間3分57秒)を14秒塗り替えた。

「人生で初めての区間賞。すごくうれしい。前半は追い風だったのですごいいいペースだと思っていたけど、ラストは向かい風なので、区間新が出るとは思わなかった」。中央学大出身の26歳は笑顔で振り返った。

■4区区間上位
細谷 恭平(黒崎播磨) 1:03:43=区間新
古賀 淳紫(安川電機) 1:03:54=区間新
井上 大仁(三菱重工) 1:04:12
藤曲 寛人(トヨタ自動車九州) 1:04:12 11
伊藤 達彦(Honda) 1:04:15 5

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com