月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

3区で旭化成・相澤晃が驚異的区間新!!三菱重工・林田も区間新で首位へ!/ニューイヤー駅伝

◇第66回全日本実業団対抗駅伝/ニューイヤー駅伝in群馬

ニューイヤー駅伝の3区で、7人が従来の区間記録(37分39秒)を更新するハイレベルな激戦となった。

この区間で首位に立ったのは三菱重工。入社2年目、20歳の林田洋翔がトップと21秒差の5位でタスキを受けると、区間記録を22秒更新する37分17秒の快走で一気にトップへ。ニューイヤー駅伝デビュー戦で輝いた。

長崎・桜が原中時代には8分19秒14の当時中学新をマークするなど、中学ナンバーワンランナーとして注目を集めた。瓊浦高でも、1年時に国体3000mを連覇するなど活躍。2020年に高校を卒業後、地元の名門に入社して力をつけてきた。

16秒差の2位に続いたのが、旭化成の相澤晃。トップと45秒差の10位からスタートすると、東京五輪10000m代表としての実力を見せつけた。

前回はケガで出場できず、これがニューイヤーのデビュー戦だった相澤。1区でトップと4秒差の4位とまずまずの出足から、2区でやや順位を落とす展開に奮起し、最初の5kmを13分19秒で突っ込み、10㎞通過は26分51秒という驚異的なペースでカバーする。[3区は速いペースで走ることが区間賞へのポイントと思っていた。26分台に抵抗はなかった」と言う、

37分09秒の区間新で8人を抜く激走。前回大会で5連覇を阻止された雪辱を期すチームを、先頭が見える位置まで押し上げた。「昨年はチームに迷惑をかけた。2年分の走りはできたと思う。前半からいいペースで走って、後半は粘る。想定通りの走りができた。区間新はうれしい」と笑顔で振り返った。

■3区区間新樹立者
相澤 晃(旭化成) 37.09
太田智樹(トヨタ自動車) 37.16
林田洋翔(三菱重工) 37.17
田村友佑(黒崎播磨) 37.21
小林 歩(NTT西日本) 37.22
潰滝大記(富士通) 37.34
難波 天(トーエネック) 37.36

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com