月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

順大オリンピアン三浦龍司は補欠に登録 3区、4区は前回同様に伊豫田達弥&石井一希/箱根駅伝区間エントリー

来年の1月2日、3日に行われる第98回箱根駅伝の区間エントリーが12月29日に発表された。

全日本3位の順大は、東京五輪3000m障害7位の三浦龍司(2年)を補欠に登録した。よほどのアクシデントがない限りは当日変更で往路に入ることが予想され、総合優勝を目指すチームの起爆剤として快走が期待される。三浦も候補に挙がっていた1区には全日本で務めた平駿介(3年)が入った。

前回2区の野村優作(3年)や全日本アンカーの四釜峻佑(3年)も補欠に。3区と4区には前回と同じく伊豫田達弥(3年)と石井一希(2年)が入った。前回5区を務めた津田 将希(4年)は8区にエントリーされている。

18年から11位、8位、14位、7位とシード権の入落選を繰り返している順大。今回は全日本で21年ぶりのトップ3に入った勢いを箱根路でも生かせるか。

1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。正選手と補欠の入れ替えは6人が可能で、往路・復路それぞれ1日最大4人まで変更できる。なお、区間の入れ替えはできない。

●順大
11年連続63回目
前回7位、出雲10位、全日本3位
●区間エントリー
1区 平  駿介(3年/白石高・佐賀)
2区 藤原 優希(2年/水島工高・岡山)
3区 伊豫田達弥(3年/舟入高・広島)
4区 石井 一希(2年/八千代松陰高・千葉)
5区 神谷 青輝(1年/大牟田高・福岡)
6区 服部 壮馬(1年/洛南高・京都)
7区 海老澤憲伸(1年/那須拓陽高・栃木)
8区 津田 将希(4年/福岡大大濠高・福岡)
9区 荒木 勇人(3年/宮崎日大高・宮崎)
10区 近藤 亮太(4年/島原高・長崎)
・補欠
牧瀬 圭斗(4年/白石高・佐賀)主将
吉岡 智輝(4年/白石高・佐賀)
四釜 峻佑(3年/山形中央高・山形)
西澤 侑真(3年/浜松日体高・静岡)
野村 優作(3年/田辺工高・和歌山)
三浦 龍司(2年/洛南高・京都)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com