月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

100mH木村文子が現役引退を発表 ロンドン、東京2大会で五輪出場


女子100mハードルの木村文子(エディオン)が来年1月末での現役引退を発表した。12月27日に広島市で会見を行った。

木村は広島県出身の33歳。祇園北高から横浜国立大を経て11年にエディオンに入社。高校時代はには走幅跳でインターハイ優勝、100mハードルは8位だった。大学時代も2種目に取り組み、100mハードルでは4年時に日本インカレ優勝。走幅跳でも日本学生個人選手権を制している。

社会人1年目に13秒19を出したことをきっかけに100mハードルに軸足を置き、12年ロンドン五輪に出場。13年にはレース中に転倒して大ケガを負ったが復活。17年ロンドン世界選手権では日本勢初の準決勝に進出した。第一人者として長く牽引し、日本人がなかなか届かなかった12秒台に何度も迫り、2013年に出した13秒03が自己ベスト(日本歴代7位)。

アジア選手権でも13年、19年に優勝。19年ドーハ世界選手権、そして今夏の東京五輪にも出場した。女子スプリントハードルでオリンピックに2度出場したのは元日本記録保持者の金沢イボンヌと木村の2人だけ。

20年10月に引退後のキャリアのために広島大の大学院に入学。21年シーズンを「集大成」として臨んでいた。今後はエディオンのコーチに就任する予定だという。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com