月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界陸連がシューズ規制の新ルール発表 24年秋より靴底の厚さは20mm、ロードは40mmまで

世界陸連(WA)は12月23日の理事会でシューズの規制に関する新ルールを承認した。新ルールは2022年1月より施行され、20年、21年に挿入された暫定的な規則は今年12月31日に失効する。

新ルールでは導入される競技会の範囲が「アマチュアクラブ、学校、大学、マスターズレベルの競技会に適用されない」と明確化(※)されたほか、カスタマイズについての詳細が明記されている(7条)。
※国内でWAの規則に沿って開催される大会については適用される見込み。

・2024年11月1日からはトラック種目ならびにフィールド種目で使用できるシューズの底の厚さ(stack height)は20mmまでと簡素化される。(ロード種目に関しては40mm、クロスカントリー種目はスパイクの場合25mm、スパイク以外は40mmから変更されない)
・競技後のチェックが重点化されるが、メジャーマラソン等では引き続き事前のチェックが行われる。
・センシング/インテリジェントテクノロジーの搭載されたシューズは不可。ただしテクニカルルール6.4.4の規定に沿った心拍数や走行距離、ストライドモニターの着用は禁止されない。

※国内で適用される競技会についての記述を補足しました

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com