月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

出雲Vの東京国際大 過去最高のチーム力で「主導権を握りたい」日本人エース丹所「トップで来ると思う」


来年1月2日、3日の第98回箱根駅伝に出場する東京国際大の箱根駅伝メンバーの会見がリモートで12月12日に行われた。

「シーズン当初は過去最高順位(5位)を上回る『4位以内』を目標にスタートしたのですが、エントリー後に選手たちと話して『3位以内』にしようということになりました」と大志田秀次監督。箱根駅伝では総合3位以内を目標に掲げる。今夏の東京五輪男子10000m日本代表の伊藤達彦(Honda)が在籍していた2年前に、総合5位と躍進を果たしたが、それ以上を狙える陣容が整ったということだろう。

「駅伝は1区が大事。力のある選手を前半に置いて主導権を握りたい。往路を3位以内で折り返し、復路は流れを大事にしたい。9区、10区にも安定した選手を配置できるので、そこで1分でも1秒でも、と考えています」

“史上最強の留学生”の呼び声高いイェゴン・ヴィンセント(3年)、日本人ダブルエースの山谷昌也、丹所健(以上3年)らで、序盤から勢いに乗るつもりだ。

1区候補の山谷は、1年時から主力に挙げられながらも、過去2大会は直前のケガで箱根を走れなかった。今季は秋から好調で「良い調子を継続できている。持ち味のスピードで有力選手としっかり勝負したい」と、3年目ながら初の箱根路に向けて意気込む。

過去2大会1区を担った丹所は、今回は2区か3区を希望。「特に地元の3区を走りたい。自分が3区なら、ヴィンセントが2区を終えてトップで来ると思うので、自分のペースを刻んで次の走者につなぎたい。3区の日本人最高記録(1時間1分23秒)を狙いたいです」。丹所は藤沢・神奈川にある湘南工科大附属高出身。1区、2区の流れを、地元の湘南でますます加速させるつもりだ。

創部11年目を迎え、10月の出雲駅伝で初出場初優勝、全日本大学駅伝は、過去最高順位(4位)には惜しくも届かなかったものの、5位と奮闘した。3年生以下に有力な選手が多く、チームには勢いがある。

「新たな歴史を作る10年にしたい」という大志田監督の言葉通り、“新たな10年”の1年目の今季、出雲、全日本に続き、箱根でも“台風の目”となりそうな予感が漂う。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com