月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子・名城大が15連覇で富士山女子駅伝に弾み 男子は皇學館大がV5/東海学生駅伝

東海学生駅伝が12月12日、愛知県の知多半島で行われ、男子(83回:7区区間63.5km)は皇學館大が5連覇、女子(15回:5区間26.6km)は名城大が1回目からの連勝を15に伸ばした。

皇學館大は2区でトップに立ちそのまま逃げ切りV。2位の愛工大に1分20秒の差をつけ、3時間16分10秒で優勝した。名城大は1区で井上葉南(4年)が区間賞を獲得し、その後も首位を譲らず1時間28分12秒で制した。

名城大は全日本大学女子駅伝と富士山女子駅伝の3年連続2冠。今年の全日本でも5連覇を飾っており、12月30日の富士山女子駅伝(3連覇中)を勝てば4連続2冠となる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com