月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝エントリー】専大は予選会好走の高瀬桂、留学生キサイサらを登録も経験者の金久保、成島が外れる2年連続出場で上昇狙う


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

2年連続70回目の出場となる専大は、予選会個人10位の髙瀨桂(3年)や初の留学生であるダンカン・キサイサ(1年)、エース格の木村暁仁(2年)を登録。一方で前回3区の金久保遥(4年)、同7区の成島航己(3年)がエントリーから外れた。予選会に出走した12人は全員登録されており、現在の調子を重視したメンバー構成となっている。

7年ぶりに出場した前回は序盤から苦戦を強いられ、19位の山梨学大と10分50秒差の20位に沈んだ。この悔しさをバネに地力を付けた今年は前回より予選会の順位を1つ上げる9位で予選を通過してきた。今回こそはシード争いに加わっていきたいところだ。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■専大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回20位、予選会9位
岩間  暁(4年/専大松戸高・千葉)
江口 達宗(4年/日体大柏高・千葉)
佐々木詩音(4年/専大北上高・岩手)
服部 友太(4年/専大松戸高・千葉)
横山 佑羽(4年/三浦学苑高・神奈川)
国増 治貴(3年/豊浦高・山口)主将
髙瀨  桂(3年/鳥栖工高・佐賀)
冨永 裕憂(3年/鎮西学院高・長崎)
南  里樹(3年/専大松戸高・千葉)
木村 暁仁(2年/佐久長聖高・長野)
田島 洸樹(2年/学法石川高・福島)
中山 敦貴(2年/湘南工大附高・神奈川)
野下 稜平(2年/鳥栖工高・佐賀)
水谷 勇登(2年/敦賀気比高・福井)
ダンカン・キサイサ(1年/大分東明高・大分)
千代島宗汰(1年/鳥栖工高・佐賀)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com