月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝エントリー】初出場の駿河台大はブヌカ、31歳の今井隆生、清野、町田ら主力ずらり!徳本監督の采配にも注目


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

本格強化11年目で初出場の駿河台大は、10000mで27分45秒59の記録を持つジェームズ・ブヌカ(4年)や前回、関東学生連合で9区12位相当の町田康誠(3年)、予選会チーム内2番手の清野太成(3年)といった主力が順当にエントリー。31歳の元中学体育教師として話題を集めた今井隆生(4年)もメンバー入りを果たした。出走すれば戦後最年長箱根ランナーとなる。

これまでの予選会最高順位は19年の12位だったが、今年はようやく重い扉をこじ開け、8位で予選会を通過した。2012年から指揮を執る徳本一善監督は法大時代に1区区間賞を獲得するなど、箱根のスターとして活躍。当時はオレンジ色の髪にサングラス姿で異彩を放っていたが、指揮官としての手腕にも注目だ。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■駿河台大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回不出場、予選会8位
今井 隆生(4年/大泉高・東京)
入江 泰世(4年/熊本工高・熊本)
榊原 嵩史(4年/新川高・富山)
阪本 大貴(4年/西脇工高・兵庫)主将
田尻  健(4年/開新高・熊本)
ジェームス・ブヌカ(4年/リルタセントラル高・ケニア)
清野 太成(3年/飯能南高・埼玉)
小泉  謙(3年/開志国際高・新潟)
出仙龍之介(3年/鯖江高・福井)
永井 竜二(3年/武蔵越生高・埼玉)
町田 康誠(3年/白鴎大足利高・栃木)
松本 圭悟(3年/開新高・熊本)
新山 舜心(2年/鹿児島高・鹿児島)
長谷部巧人(2年/埼玉栄高・埼玉)
池原 悠月(1年/東農大二高・群馬)
加藤 亮太(1年/山形中央高・山形)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com