月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝エントリー】2年ぶりの中央学大は予選会日本人トップの栗原啓吾、武川流以名らがメンバー入り 新ユニフォームで箱根路を彩る

第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

前回で連続出場が18でストップした中央学大は、2年ぶりの出場。予選会日本人トップの栗原啓吾(4年)をはじめ、故障の影響で予選会を欠場した主将の小島慎也(3年)や前々回6区5位の武川流以名(3年)も無事にメンバー入りを果たした。予選会では4人出走した1年生も全日本で4区を走った吉田礼志など、4人がエントリーされている。

今年は主力の足並みがそろわない中で予選会を迎えたが、栗原を筆頭に出走した選手が懸命の走りを見せて何とか7位通過。そこからチーム状態は徐々に上向いており、本戦に向けて立て直しを図ってきた。1年のブランクはあるが、箱根経験者は関東学生連合で出場した小島を含めて4人いる。今年度から新調したユニフォームで新たな歴史を作っていく。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■中央学大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回不出場、予選会7位、全日本11位
栗原 啓吾(4年/東農大二高・群馬)
馬場竜之介(4年/摂津高・大阪)
松井 尚希(4年/花咲徳栄高・埼玉)
吉田 光汰(4年/拓大紅陵高・千葉)
荻沼 直人(3年/水城高・茨城)
小島 慎也(3年/大阪高・大阪)主将
中島 稜貴(3年/市船橋高・千葉)
武川流以名(3年/島田樟誠高・静岡)
吉本 光希(3年/中央学院高・千葉)
飯塚 達也(2年/東播磨高・兵庫)
井澗 翔太(2年/田辺工高・和歌山)
伊藤 秀虎(2年/四日市工高・三重)
工藤 巧夢(1年/那須拓陽高・栃木)
堀田 晟礼(1年/千原台高・熊本)
堀田 捷仁(1年/千原台高・熊本)
吉田 礼志(1年/拓大紅陵高・千葉)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com