月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝エントリー】法大は前回1区区間賞の鎌田航生、河田太一平、清家陸ら順当に登録 3年ぶりのシード権獲得なるか


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

7年連続82回目の出場となる法大は、前回1区区間賞の鎌田航生(4年)ら、主力が順当にエントリー。前回は2~4区を任された河田太一平(3年)、松本康汰(3年)、清家陸(4年)に加え、予選会でチーム2番手と好走した小泉樹(1年)といった面々もしっかりと登録されている。さらに2年連続で箱根を走っている中園慎太朗(3年)や全日本1区5位の内田隼太(3年)もメンバーに入った。

前回は鎌田が作った流れに乗ることができず17位。今季は全日本の予選会を3位で通過すると、本戦でも7区途中までシード圏内でレースを進め、シード権の8位と33秒差の9位とまずまずの結果を残した。流れに乗った駅伝ができれば、上位校とも戦えるのは全日本で証明済み。まずは3年ぶりのシード権獲得を目指したい。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■法大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回17位、予選会6位、全日本9位
鎌田 航生(4年/法政二高・神奈川)
久納  碧(4年/学法石川高・福島)
清家  陸(4年/八幡浜高・愛媛)主将
山本  燎(4年/法政二高・神奈川)
内田 隼太(3年/法政二高・神奈川)
扇   育(3年/松浦高・長崎)
川上 有生(3年/東北高・宮城)
河田太一平(3年/韮山高・静岡)
中園慎太朗(3年/八千代松陰高・千葉)
松本 康汰(3年/愛知高・愛知)
稲毛 崇斗(2年/東北高・宮城)
高須賀大勢(2年/専大松戸高・千葉)
細迫 海気(2年/世羅高・広島)
宗像 直輝(2年/東農大二高・群馬)
小泉  樹(1年/國學院久我山高・東京)
武田 和馬(1年/一関学院高・岩手)

※記事を一部修正しました。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com