HOME 駅伝、箱根駅伝

2021.12.10

【箱根駅伝エントリー】法大は前回1区区間賞の鎌田航生、河田太一平、清家陸ら順当に登録 3年ぶりのシード権獲得なるか
【箱根駅伝エントリー】法大は前回1区区間賞の鎌田航生、河田太一平、清家陸ら順当に登録 3年ぶりのシード権獲得なるか


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

7年連続82回目の出場となる法大は、前回1区区間賞の鎌田航生(4年)ら、主力が順当にエントリー。前回は2~4区を任された河田太一平(3年)、松本康汰(3年)、清家陸(4年)に加え、予選会でチーム2番手と好走した小泉樹(1年)といった面々もしっかりと登録されている。さらに2年連続で箱根を走っている中園慎太朗(3年)や全日本1区5位の内田隼太(3年)もメンバーに入った。

広告の下にコンテンツが続きます

前回は鎌田が作った流れに乗ることができず17位。今季は全日本の予選会を3位で通過すると、本戦でも7区途中までシード圏内でレースを進め、シード権の8位と33秒差の9位とまずまずの結果を残した。流れに乗った駅伝ができれば、上位校とも戦えるのは全日本で証明済み。まずは3年ぶりのシード権獲得を目指したい。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■法大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回17位、予選会6位、全日本9位
鎌田 航生(4年/法政二高・神奈川)
久納  碧(4年/学法石川高・福島)
清家  陸(4年/八幡浜高・愛媛)主将
山本  燎(4年/法政二高・神奈川)
内田 隼太(3年/法政二高・神奈川)
扇   育(3年/松浦高・長崎)
川上 有生(3年/東北高・宮城)
河田太一平(3年/韮山高・静岡)
中園慎太朗(3年/八千代松陰高・千葉)
松本 康汰(3年/愛知高・愛知)
稲毛 崇斗(2年/東北高・宮城)
高須賀大勢(2年/専大松戸高・千葉)
細迫 海気(2年/世羅高・広島)
宗像 直輝(2年/東農大二高・群馬)
小泉  樹(1年/國學院久我山高・東京)
武田 和馬(1年/一関学院高・岩手)

※記事を一部修正しました。

広告の下にコンテンツが続きます
第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。 7年連続82回目の出場となる法大は、前回1区区間賞の鎌田航生(4年)ら、主力が順当にエントリー。前回は2~4区を任された河田太一平(3年)、松本康汰(3年)、清家陸(4年)に加え、予選会でチーム2番手と好走した小泉樹(1年)といった面々もしっかりと登録されている。さらに2年連続で箱根を走っている中園慎太朗(3年)や全日本1区5位の内田隼太(3年)もメンバーに入った。 前回は鎌田が作った流れに乗ることができず17位。今季は全日本の予選会を3位で通過すると、本戦でも7区途中までシード圏内でレースを進め、シード権の8位と33秒差の9位とまずまずの結果を残した。流れに乗った駅伝ができれば、上位校とも戦えるのは全日本で証明済み。まずは3年ぶりのシード権獲得を目指したい。 12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。 ■法大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校) ◎前回17位、予選会6位、全日本9位 鎌田 航生(4年/法政二高・神奈川) 久納  碧(4年/学法石川高・福島) 清家  陸(4年/八幡浜高・愛媛)主将 山本  燎(4年/法政二高・神奈川) 内田 隼太(3年/法政二高・神奈川) 扇   育(3年/松浦高・長崎) 川上 有生(3年/東北高・宮城) 河田太一平(3年/韮山高・静岡) 中園慎太朗(3年/八千代松陰高・千葉) 松本 康汰(3年/愛知高・愛知) 稲毛 崇斗(2年/東北高・宮城) 高須賀大勢(2年/専大松戸高・千葉) 細迫 海気(2年/世羅高・広島) 宗像 直輝(2年/東農大二高・群馬) 小泉  樹(1年/國學院久我山高・東京) 武田 和馬(1年/一関学院高・岩手) ※記事を一部修正しました。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

NEWS 2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

2024.02.29

2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

世界陸連は2月28日、理事会を英国・グラスゴーで実施し、2027年の世界陸上開催地に中国・北京を選出した。 当地は2015年にも開催しており、12年ぶり2度目。2025年は東京で行われることが決まっており、2大会連続のア […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top