月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝エントリー】神奈川大は予選会欠場の川口慧が戦列復帰も呑村大樹が外れる 前回経験者7人がメンバー入り


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

5年ぶりのシード権獲得を目指す神奈川大は、前回出走した8人のうち、予選会を欠場した同3区10位の川口慧(4年)といったエース格の選手ら7人が登録された。一方で前回1区4位の実績を持ちながら予選会は状態が上がらず欠場した呑村大樹(4年)は外れている。

16人は箱根を2度経験している主将の西方大珠(4年)や3年連続8区の安田響(4年)、全日本で日本学連選抜の3区を走った巻田理空(2年)も名を連ねている。

前回は8位で往路を折り返すも復路で苦戦して総合13位。予選会は上位10人のうち6人を占めた2年生らが奮闘し、5位で通過した。経験豊富な上級生と伸び盛りの下級生の力を融合して上位進出を目論む。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■神奈川大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回13位、予選会5位
落合 葵斗(4年/常葉大菊川高・静岡)
川口  慧(4年/美方高・福井)
西方 大珠(4年/浜松商高・静岡)主将
安田  響(4年/益田清風高・岐阜)
横澤 清己(4年/新栄高・神奈川)
有村 祐亮(3年/鹿児島城西高・鹿児島)
鈴木 玲央(3年/秋田工高・秋田)
山﨑 諒介(3年/鳥栖工高・佐賀)
宇津野 篤(2年/佐久長聖高・長野)
大泉 真尋(2年/東海大山形高・山形)
小林 篤貴(2年/四日市工高・三重)
小林 政澄(2年/東農大二高・群馬)
佐々木亮輔(2年/鳥栖工高・佐賀)
高橋 銀河(2年/秋田工高・秋田)
巻田 理空(2年/松山商高・愛媛)
中原 優人(1年/智辯カレッジ高・奈良)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com