月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子はクウィゼラ、女子はジェルトが接戦を制す/クロスカントリー・ツアー・ゴールド


11月21日、セビリア(スペイン)で世界陸連(WA)クロスカントリー・ツアー・ゴールドの第8戦が開催され、男子(10.1km)はR.クウィゼラ(ブルンジ)が28分33秒で、女子(7.9km)ではN.ジェルト(ケニア)が24分22秒でそれぞれ優勝した。

女子優勝のジェルトは今年3000m障害で世界歴代3位の8分53秒65をマークし、同種目でダイヤモンドリーグの年間チャンピオンにも輝いている。今大会では2019年ドーハ世界選手権5000m銀メダルのM.C.キプケンボイ(ケニア)に1秒差で競り勝った。キプケンボイは24分23秒で2位だった。

男子優勝のクウィゼラは現在22歳。1週間前にアタプエルカ(スペイン)で行われた第7戦でも2位に入っている。今大会の2位にはエチオピアの19歳のT.ウォルクが28分34秒で続いた。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com