月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

宇治山田商が2区で逆転して20年ぶりの優勝 男子は伊賀白鳳が独走劇で3年ぶりのV/三重県高校駅伝

三重県高校駅伝は11月14日、松阪市の三重高発着駅伝コースで行われ、女子(5区間21.0975km)は宇治山田商が1時間15分15秒で20年ぶり6回目の優勝を果たした。男子(7区間42.195km)は伊賀白鳳が区間賞を独占して2時間6分36秒で3年ぶり31回目の頂点に立った。

宇治山田商は1区こそ先頭から33秒差の4位スタートだったものの、2区の畑まどか(3年)が区間賞で一気に首位に浮上。その後も3区の渡邉心音(2年)、4区の佐々遥菜(3年)、アンカーの藤原亜瑚(2年)も区間トップで後続とのリードを拡大し、2001年以来の県女王に輝いた。

伊賀白鳳は1区の松本颯真(3年)が2位に1分01秒差をつけてトップ中継すると、終始独走。2位にちょうど6分差をつけて、アンカーの水谷柊斗(3年)がフィニッシュした。

全国大会は12月26日に京都・たけびしスタジアム京都で行われる。宇治山田商は20年ぶり5回目、伊賀白鳳は2年ぶり32回目の出場となる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com